流動的に働くことができるフリーランス

流動的に働くことができるフリーランス結婚・出産・育児など仕事だけに集中することができないライフステージを迎えた女性は、会社員として働き続けるのが難しくなるかもしれません。そこでフレキシブルに働くために「フリーランス」という働き方を選択してみてはいかがでしょうか。自由度の高いフリーランスは女性に向いている働き方と言えるかもしれせん。

Pocket

時間を自由に使える「フリーランス」に注目

女性が仕事を続けることの最大の問題は、結婚・出産・育児というライフステージをどう乗り越えるかという点です。企業によって結婚後は退社をすることが当たり前という旧態依然の風習が残っています。育児が落ち着いた後に再就職をするのもなかなか難しいという現実もあります。
そこで「フリーランス」という働き方を選んでみてはいかがでしょうか。フリーランスは個人事業主として独立して仕事を行います。仕事を受けるかどうかを決めるのも、勤務時間をどの程度にするかも自分で全て決めることができます。子育ての手間が掛かる時期は、数時間のみの勤務時間を設定することもできますし、自宅を仕事場にして育児をしながら仕事をすることも可能です。フレキシブルに働くことが必要な女性ほどフリーランスという働き方が何かと都合が良いこともあります。

育児をしながらスキルアップを目指せる

例えばエンジニア系の会社に勤務していた女性が出産を機に退社をしたとします。育児が落ち着き、数年後に同様の仕事をするために企業に復帰をしようと思っても、IT業界の進歩は早いので、当時のスキルや常識が時代遅れになっているかもしれません。しかし退社をした後にフリーランスとして働き続けていれば、そのように浮世離れをしたエンジニアになる心配はありません。育児中は仕事の受注量は少なくても、現役のエンジニアとして仕事を続けることで育児をしながら常に時代に合わせたスキルアップをすることができます。育児が落ち着いた後、本格的にフリーランスとしてたくさんの仕事を受けることもできますし、再就職をして企業で働くことも可能です。

フリーランスのエージェントを利用できる

フリーランスになると、基本的に自分一人で何から何まで決めなくてはいけないという先入観があるかもしれません。最近ではフリーランスのサポートをする企業が増えており、フリーランスのエージェント会社に登録をすると、仕事の受注を自分の代わりにエージェントがしてくれます。育児中など何かと用事を抱えて忙しい女性も、エージェントに「週何日」「一日何時間まで勤務可能」などと希望を伝えておけば希望に沿った仕事を紹介してくれます。本格的な仕事復帰をする時にも、その旨をエージェントに伝えれば、例えば企業に出向してフリーランスとして働くような案件を紹介してくれるでしょう。何かと頼りになるエージェントを利用すれば、忙しい女性もフリーランスとして仕事をするのが楽になるでしょう。

男性にも読んでほしい

  • 仕事と生活の両立を図る「ワークライフバランス」
    育児や家事をこなしながら仕事を続ける女性は、生活中心で仕事がおまけにならないように注意しましょう。長く仕事を続けるために、本当の意味で仕事と生活を両立させる「ワークライフバランス」を整えることが大切です。 more
  • 活躍が明確に評価される「女性活躍推進法」
    少子高齢化時代に入り労働力の低下が危惧される中、政府は「女性活躍推進法」を可決し、女性の社会進出を後押ししています。女性が社会で本当の意味で活躍するためには、法律だけでなく現場の労働者の意識の変化も必要です。 more
  • 多様性を尊重する「ダイバーシティ」
    「ダイバーシティ」という言葉には、多様性を尊重しようという意味がこめられています。その多様性のひとつとして、男性と女性、また結婚をしている女性や育児中の女性も含まれます。どのような状況の女性でも職場で尊重される資格があります。 more

NEWS

  • 自分の強みとなる資格を取得しよう
    女性が社会で活躍するために、自分のスキルや経験を活かすための「資格取得」を目指しましょう。本当に活躍できる職場への転職や起業のきっかけになる可能性があります。もちろん今の職場で活躍するためにも効果大です。 more
  • それぞれの仕事の探し方
    在宅ワークで仕事をしたい女性、またはフリーランスとして仕事をしたい女性に向けて、それぞれの仕事の探し方を紹介していきます。クラウドソーシングや登録型エージェントを使うことでスムーズに仕事を探すことができるでしょう。 more
  • キャリアアップも視野に入れる
    今の職場や仕事に満足ができない時は、キャリアアップを目指しましょう。スキルアップを果たし今の職場でのキャリアアップを目指すケースや会社内の部署移動を申し出る、または転職するケースもあります。 more