テキパキ仕事をこなす女性の特徴

テキパキ仕事をこなす女性の特徴女性が活躍できる環境作りがされた後、実際に活躍できるかどうかは本人次第となります。そこで仕事ができる女性の特徴を紹介していきます。自分との共通点を探し、活躍するために必要な特徴を仕事に生かすようにしましょう。

Pocket

自分で目標を立てて動ける

仕事ができる女性は、社会的なニーズと会社が持っている強み、そして自分が活きる役割を探し、自ら目標を立てて自発的に動ける人です。男性の補佐的な業務をすることが多かった時代の影響で、女性は受け身の仕事の仕方が一般的になっています。しかし女性が男性と同等の価値観を持ち仕事をしていくためには、自分で動けること、前向きに行動ができることが重要になります。女性としての特性を生かした細やかな気遣いや優しさを生かすためにも、まずは男性に負けないような積極性と自立した仕事の仕方ができることが大切です。

コミュニケーション能力が高い

女性は一般的にコミュニケーション能力が高いことで知られています。見知らぬ人が集まるパーティ会場でも、男性が壁際で一人立ち尽くしているのに比べ、女性はすぐに友達を作り始めパーティを楽しみます。このようなコミュニケーション能力は仕事でも強みになります。社内の同僚はもちろん、社外の取引先の関係者ともどんどんつながりを強くしていくことができるでしょう。
ただし自分が話すのが得意でも、「聞き上手」な女性はそれほど多くありません。仕事ができる女性は、一方的に自分が伝えたいことを話すのではなく、相手の話をきちんと聞く、聞き上手という共通点があります。最後まできちんと話を聞くことで、仕事の指示も仕事の相談もしやすくなり、一緒に仕事をしたい人材と見なされるようになります。器の大きなイメージを持たれやすくなり、出世をする近道にもなるでしょう。

優先順位を持って仕事に取り組める

仕事の現場では、様々な案件を一人で担当することが多くなります。雑用に近い仕事から、企業の業績に関わるような仕事、締め切りが近い仕事や大きなプロジェクトの準備段階の仕事まで様々です。仕事ができる女性は優先順位を付けて仕事をするため、混乱をせず効率的に仕事をこなしていくことができます。
頼まれた順番や締め切り順に仕事をするのではなく、引き受けた全ての仕事を俯瞰的な視点で見て、何から手を付けるべきか、何に力を入れるべきかを考える時間を持ちましょう。例えば雑用や締め切りが近くても重要でない仕事は部下や手の空いた人に任せ、自分は本当に重要な仕事に力を注ぐようにしましょう。このような習慣を身に付けて仕事を続けると、数年後にはかなりの成果が期待できます。ただ忙しく仕事をこなすのではなく、常に自分にとって重要な仕事は何かを考えるようにすることが大切です。

男性にも読んでほしい

  • 仕事と生活の両立を図る「ワークライフバランス」
    育児や家事をこなしながら仕事を続ける女性は、生活中心で仕事がおまけにならないように注意しましょう。長く仕事を続けるために、本当の意味で仕事と生活を両立させる「ワークライフバランス」を整えることが大切です。 more
  • 活躍が明確に評価される「女性活躍推進法」
    少子高齢化時代に入り労働力の低下が危惧される中、政府は「女性活躍推進法」を可決し、女性の社会進出を後押ししています。女性が社会で本当の意味で活躍するためには、法律だけでなく現場の労働者の意識の変化も必要です。 more
  • 多様性を尊重する「ダイバーシティ」
    「ダイバーシティ」という言葉には、多様性を尊重しようという意味がこめられています。その多様性のひとつとして、男性と女性、また結婚をしている女性や育児中の女性も含まれます。どのような状況の女性でも職場で尊重される資格があります。 more

NEWS

  • 自分の強みとなる資格を取得しよう
    女性が社会で活躍するために、自分のスキルや経験を活かすための「資格取得」を目指しましょう。本当に活躍できる職場への転職や起業のきっかけになる可能性があります。もちろん今の職場で活躍するためにも効果大です。 more
  • それぞれの仕事の探し方
    在宅ワークで仕事をしたい女性、またはフリーランスとして仕事をしたい女性に向けて、それぞれの仕事の探し方を紹介していきます。クラウドソーシングや登録型エージェントを使うことでスムーズに仕事を探すことができるでしょう。 more
  • キャリアアップも視野に入れる
    今の職場や仕事に満足ができない時は、キャリアアップを目指しましょう。スキルアップを果たし今の職場でのキャリアアップを目指すケースや会社内の部署移動を申し出る、または転職するケースもあります。 more