キャリアアップも視野に入れる

キャリアアップも視野に入れる女性ならではの悩みとして結婚や育児というライフステージをどう乗り越えるかというポイントがあります。ネガティブに仕事と生活の両立の問題を捉えてしまいがちですが、いっそのこと「キャリアップを目指す」という生き方を選ぶこともできます。今回は女性のキャリアアップに関する役立つ情報を紹介していきます。

Pocket

キャリアップとは何か

「キャリアアップを目指す」とは良く聞く言葉ですが、具体的にどのような意味を持っているのでしょうか。キャリアップとはまず「仕事の質を上げていくこと」を指します。この時に使うキャリアアップという言葉は「より高い資格を取得すること」「幅広い知識を得ること」「高いスキルを身に付けること」などを指します。また「企業内の立場や社会的な立場を高くすること」もキャリアアップの大切な一面です。この場合は「経歴を高めていく」「年収を上げる」「社会的な名声を高める」「職場を自由に選べる立場を手に入れる」ことなどが目標になります。

今いる職場でキャリアアップを目指す

現在働いている職場でキャリアアップを目指すにはどうすれば良いでしょうか。まず資格を取得するために勉強をする方法があります。資格取得の途中で新しい知識やスキルを手に入れることができるでしょう。また「当事者意識」を持って仕事をするようにするという方法もあります。職場で何か問題が起きた時に、自分が当事者として解決のための手段を講じるような習慣をつけると問題解決能力が増していき、社内での評価も上がります。
他には、部署の異動を試みるという方法もあります。企業によって出世しやすい部署とそうでない部署があります。また自分が向いている部署とそうでない部署もあるでしょう。自分が活躍できる部署と出世しやすい部署が重なっている場合は、ぜひ部署異動を願い出てみましょう。自分の実力を発揮することができるようになり、男性以上の活躍ができる可能性が高くなります。

転職をしてキャリアアップをする方法

今いる職場での活躍が難しい場合、または今いる職場よりも良い条件の職場がみつかった時は転職をしてキャリアアップを目指すという選択肢があります。その際に抑えておきたいポイントがありますので確認しておきましょう。
まず転職先の企業が女性が活躍できる職場かどうかが重要です。育休や産休の制度があるのか、またその制度を実際に女性社員は使っているのかどうかなど、実績を重視して調査をしてみましょう。また賃金が今いる会社と同等、もしくは良くなりそうか、また転職をすることで社会的な地位が上がるかどうかも転職の判断基準になります。特に重要なのは女性従業員に対する理解度の高さです。女性が輝ける職場への転職がキャリアアップのための絶対条件と言えるでしょう。

男性にも読んでほしい

  • 仕事と生活の両立を図る「ワークライフバランス」
    育児や家事をこなしながら仕事を続ける女性は、生活中心で仕事がおまけにならないように注意しましょう。長く仕事を続けるために、本当の意味で仕事と生活を両立させる「ワークライフバランス」を整えることが大切です。 more
  • 活躍が明確に評価される「女性活躍推進法」
    少子高齢化時代に入り労働力の低下が危惧される中、政府は「女性活躍推進法」を可決し、女性の社会進出を後押ししています。女性が社会で本当の意味で活躍するためには、法律だけでなく現場の労働者の意識の変化も必要です。 more
  • 多様性を尊重する「ダイバーシティ」
    「ダイバーシティ」という言葉には、多様性を尊重しようという意味がこめられています。その多様性のひとつとして、男性と女性、また結婚をしている女性や育児中の女性も含まれます。どのような状況の女性でも職場で尊重される資格があります。 more

NEWS

  • 自分の強みとなる資格を取得しよう
    女性が社会で活躍するために、自分のスキルや経験を活かすための「資格取得」を目指しましょう。本当に活躍できる職場への転職や起業のきっかけになる可能性があります。もちろん今の職場で活躍するためにも効果大です。 more
  • それぞれの仕事の探し方
    在宅ワークで仕事をしたい女性、またはフリーランスとして仕事をしたい女性に向けて、それぞれの仕事の探し方を紹介していきます。クラウドソーシングや登録型エージェントを使うことでスムーズに仕事を探すことができるでしょう。 more
  • キャリアアップも視野に入れる
    今の職場や仕事に満足ができない時は、キャリアアップを目指しましょう。スキルアップを果たし今の職場でのキャリアアップを目指すケースや会社内の部署移動を申し出る、または転職するケースもあります。 more