自分の強みとなる資格を取得しよう

自分の強みとなる資格を取得しよう女性が社会で活躍するために資格を取得するという方法があります。資格を取得することで自信が生まれますし、勉強の過程で新しい知識を身に付けることもできるでしょう。新しい知識が起業や転職への刺激になることもあります。今回は女性が資格取得をすることで生まれるメリットについて紹介していきます。

Pocket

転職する意欲が高まる

新卒で就職した職場に不満があるけれど、転職する気にはなれないという女性は多いのではないでしょうか。その理由として転職先へ馴染めるかどうかの不安などもあるでしょう。しかし最も多い不安が、現在の職場よりも良い転職先があるかどうかという点ではないでしょうか。実際には女性の転職希望者を受け入れる企業はたくさんありますし、若い女性はもちろん、スキルを持ったベテラン女性にも転職の門戸は開かれています。それでも転職を決意するには何か憑代になるもの、勇気を得る何かが必要になるでしょう。
そこで資格を手にしてみましょう。新しい資格を取得すると確実に自分の中で前向きな変化が起こります。そのスキルが転職先で生かされるかどうかは別にしても、転職する勇気が湧くきっかけになるでしょう。自分が得意としているジャンルの資格を取得することで、自分がより輝ける職場へ転職する勇気が湧くかもしれません。

起業という道が開ける

資格を取得すると新しい知識が増えます。それまで知らなかった知識を得ることで、新しいジャンルの仕事や現在行っている仕事の中で革新的なひらめきが湧く可能性があります。そのまま企業内で働きながら新しい知識を生かして仕事をする方法もありますが、良いひらめきが起こった場合は、いっそのこと起業して自分で事業を起こすという選択肢もあります。
自分で起業をした会社のルールは自分で決めることができますし、女性が働きやすい環境作りをすることも可能です。育児などのライフステージに入るのをきっかけに、育児をしながら仕事をがきる会社を起業することもできます。資格取得がこのような自由な生き方のきっかけになるかもしれません。

資格取得で仕事の幅が広がる

資格を取得すると新しい知識と新しいスキルが身に付きます。先述しましたように、転職をすることも起業をすることも可能です。また現在働いている企業で資格取得で身に付けた知識やスキルを生かす方法もあります。新しい仕事が自分に合っている場合や企業が必要としていたスキルだった場合は、重要なポストを任されるかもしれません。そうなれば昇進、昇給も見込めるでしょう。資格取得がその最初の一歩になれば十分役割を果たしたことになります。一つの資格取得が触媒となり新しい仕事への関心や意欲が湧くことで、好循環を生み出す可能性があるからです。自分の可能性を広げるためにも、空いた時間を利用して資格取得を目指す価値は高そうです。

男性にも読んでほしい

  • 仕事と生活の両立を図る「ワークライフバランス」
    育児や家事をこなしながら仕事を続ける女性は、生活中心で仕事がおまけにならないように注意しましょう。長く仕事を続けるために、本当の意味で仕事と生活を両立させる「ワークライフバランス」を整えることが大切です。 more
  • 活躍が明確に評価される「女性活躍推進法」
    少子高齢化時代に入り労働力の低下が危惧される中、政府は「女性活躍推進法」を可決し、女性の社会進出を後押ししています。女性が社会で本当の意味で活躍するためには、法律だけでなく現場の労働者の意識の変化も必要です。 more
  • 多様性を尊重する「ダイバーシティ」
    「ダイバーシティ」という言葉には、多様性を尊重しようという意味がこめられています。その多様性のひとつとして、男性と女性、また結婚をしている女性や育児中の女性も含まれます。どのような状況の女性でも職場で尊重される資格があります。 more

NEWS

  • 自分の強みとなる資格を取得しよう
    女性が社会で活躍するために、自分のスキルや経験を活かすための「資格取得」を目指しましょう。本当に活躍できる職場への転職や起業のきっかけになる可能性があります。もちろん今の職場で活躍するためにも効果大です。 more
  • それぞれの仕事の探し方
    在宅ワークで仕事をしたい女性、またはフリーランスとして仕事をしたい女性に向けて、それぞれの仕事の探し方を紹介していきます。クラウドソーシングや登録型エージェントを使うことでスムーズに仕事を探すことができるでしょう。 more
  • キャリアアップも視野に入れる
    今の職場や仕事に満足ができない時は、キャリアアップを目指しましょう。スキルアップを果たし今の職場でのキャリアアップを目指すケースや会社内の部署移動を申し出る、または転職するケースもあります。 more