クラウドソーシングで始める在宅ワーク

クラウドソーシングで始める在宅ワーク「クラウドソーシング」という働き方を知っているでしょうか。ネットを通じて在宅ワークを簡単にすることができる、注目のワーキングスタイルです。育児中の女性など、自由に外出をして仕事ができない人もクラウドソーシングサービスを利用すればかなりの報酬を稼ぎ出すことが可能です。

Pocket

ネットで社会とつながる「クラウドソーシング」

育児中の女性など、外出して仕事をするのが難しいという方におすすめの働き方が「クラウドソーシング」を利用した仕事です。クラウドソーシングは、ネットを通じて仕事を依頼したい人と仕事をしたい人の仲介をすることを目的にしたサービスです。仕事を発注したいクライアントと仕事をしたい人はたくさんいますが、両者が出会うための窓口はなかなかないものです。
クラウドソーシングならネットを通じて仕事の依頼と仕事の受注が簡単にできるため人気を集めています。ネット環境とパソコンが揃っていれば家にいても仕事ができるため、新しい在宅ワークとしても注目を集めています。育児中の女性が空いた時間を利用して仕事をすることもできますし、パートなど他の仕事とクラウドソーシングを両立しながら仕事をしている人もいます。

まずは簡単な仕事から始めよう

クラウドソーシングを始める時は、クラウドソーシングを運営しているサイトに会員登録をしましょう。無料で簡単に会員登録が可能です。サイト上にはたくさんの仕事の依頼がありますので自分ができそうなものから始めましょう。例えば「アンケート」の仕事は企業などが依頼主で商品の使用感などクライアントが用意したアンケートの設問に返答するだけの仕事です。
仕事の報酬は数十円からと安いものから数百円のものまであります。主婦向けのアンケートも多いため答えられるアンケートの数も多いでしょう。また「ブログライター」という仕事もあります。商品のアンケートに応えるだけでなく、自分の文章で商品の魅力などをブログに掲載する目的で書く仕事です。アンケートよりも文章力が必要になりますが、報酬が高くなりやりがいが増すでしょう。

報酬の多い仕事にも挑戦しよう

クラウドソーシングにはたくさんの仕事の依頼が掲載されています。アンケートやブログライターなどのライティング系の仕事にも、翻訳やテープ起こしなど長文のタイピングが必要な仕事があります。ブラインドタッチや基本ソフトの使用など必要なスキルも増えますが、報酬も高くなります。絵心のある女性はイラストの仕事やウェブデザインの仕事などもありますし、また理系の女性には「プログラミング」系の仕事も多数掲載されていますので挑戦してみましょう。サイトの設計やアプリの作成など、システムエンジニアやプログラマーなどの仕事の経験がある女性におすすめの仕事です。このような仕事を定期的に手掛けるようになると、一般的なパートを行うよりも月額の収入が高くなることも珍しくありません。自分の持っているスキルを生かし、在宅ながらもたくさんの報酬を稼ぎましょう。

男性にも読んでほしい

  • 仕事と生活の両立を図る「ワークライフバランス」
    育児や家事をこなしながら仕事を続ける女性は、生活中心で仕事がおまけにならないように注意しましょう。長く仕事を続けるために、本当の意味で仕事と生活を両立させる「ワークライフバランス」を整えることが大切です。 more
  • 活躍が明確に評価される「女性活躍推進法」
    少子高齢化時代に入り労働力の低下が危惧される中、政府は「女性活躍推進法」を可決し、女性の社会進出を後押ししています。女性が社会で本当の意味で活躍するためには、法律だけでなく現場の労働者の意識の変化も必要です。 more
  • 多様性を尊重する「ダイバーシティ」
    「ダイバーシティ」という言葉には、多様性を尊重しようという意味がこめられています。その多様性のひとつとして、男性と女性、また結婚をしている女性や育児中の女性も含まれます。どのような状況の女性でも職場で尊重される資格があります。 more

NEWS

  • 自分の強みとなる資格を取得しよう
    女性が社会で活躍するために、自分のスキルや経験を活かすための「資格取得」を目指しましょう。本当に活躍できる職場への転職や起業のきっかけになる可能性があります。もちろん今の職場で活躍するためにも効果大です。 more
  • それぞれの仕事の探し方
    在宅ワークで仕事をしたい女性、またはフリーランスとして仕事をしたい女性に向けて、それぞれの仕事の探し方を紹介していきます。クラウドソーシングや登録型エージェントを使うことでスムーズに仕事を探すことができるでしょう。 more
  • キャリアアップも視野に入れる
    今の職場や仕事に満足ができない時は、キャリアアップを目指しましょう。スキルアップを果たし今の職場でのキャリアアップを目指すケースや会社内の部署移動を申し出る、または転職するケースもあります。 more